Canada Youshinkan Kendo Dojo

剣道考察日記

転用 その3

相手が動いた時、竹刀を握らない事。 相手が攻めてくるか??と感じたとき、良く竹刀、剣先が上がる。 マア、いわば打ちに逸る訳で、此れは絶対に、1本になる打ちには繋がらない。 何故なら、其の剣先が浮いた=硬直現象だからです。…

転用、その2

相手が動き出し、自分が動けない状態を絶対に作ってはいけない。 特に足。相手が動いてきたらそれにあわせて自分の足も必ず動かす。 相手が動いたら、自分も必ず動くとは、手元を上げたり、動揺したりする事や、打つこととは違う。 詰…

MIXからの転用。

最近、MIXの中で書いた内容です。結構皆で盛り上がりましたので、ここでも披露しておきます。 熊が、今、一番目を掛けている、若者に指導した内容です。   打った後の残心。次ぎえの備え、立ち上がりを早くせよと人は言…

地稽古中の基本打ちの実践。

最近、自分の姿をビデオに収録して、正直自分の未熟さに愕然とした。 床がコンクリート床の処で稽古をした関係か、踏み込みの右足を無意識にかばいすぎたか、、気剣体の不一致。 そこで、あえてそのコンクリートの床の道場で、基本打ち…

施 無 畏

浅草観音に上げられてある額の言葉だそうです。 山岡鉄舟翁はこれが剣道の極意だと言われたとか。 敵と相対するとき、何の恐れも持たず、何事も考えず、只ひたすらに戦う事のみに専心する。 そのことで、四戒を脱することが出来る。 …

某範士の座右の銘。

「呑舟魚不遊支流」=どんしゅうのぎょ、しりゅうにあそばず。と読む 意味は、舟を飲み込むような大きな魚は支流では遊ばない。 流れの速い大きな川や大海で悠々と泳ぐ。との意味だと書かれている。 詰まり剣道の技も、ちまちま、こせ…

反応すれば手元が浮く

剣道で、手元が堅い、とは褒め言葉だ。 要するに相手から攻め立てられてでも中々構えを崩さないことを言う。 有る程度稽古の経験を積んだ人なら理解できると思うが、上手は中々構えを崩さない。 詰まり構えが崩れる(手元が上がる)人…

後の先=先

剣道で良く使われる。先と言う言葉。 先先の先、先、後の先等といわれます。 先先の先は自分からの仕掛け業。 先は対の先ともいい、出小手や抜き胴など相手の動きに対しての反射的行動。 後の先は返し技、応じ技などを言います。 こ…

不思議な体験

剣道は戦いの技術の習得である。其れを通じての人間修行を目的としている事は間違いのない所だと思います。 先日の稽古の折、今までと一寸違う体験を心の中に感じていました。 今までなら、気迫十分に攻めて、先を取り自ら戦いに挑むそ…

3 / 1712345...10...最後 »