Canada Youshinkan Kendo Dojo

施 無 畏

浅草観音に上げられてある額の言葉だそうです。 山岡鉄舟翁はこれが剣道の極意だと言われたとか。 敵と相対するとき、何の恐れも持たず、何事も考えず、只ひたすらに戦う事のみに専心する。 そのことで、四戒を脱することが出来る。 …

某範士の座右の銘。

「呑舟魚不遊支流」=どんしゅうのぎょ、しりゅうにあそばず。と読む 意味は、舟を飲み込むような大きな魚は支流では遊ばない。 流れの速い大きな川や大海で悠々と泳ぐ。との意味だと書かれている。 詰まり剣道の技も、ちまちま、こせ…

反応すれば手元が浮く

剣道で、手元が堅い、とは褒め言葉だ。 要するに相手から攻め立てられてでも中々構えを崩さないことを言う。 有る程度稽古の経験を積んだ人なら理解できると思うが、上手は中々構えを崩さない。 詰まり構えが崩れる(手元が上がる)人…

自分の剣道感

若い頃、剣道について、一人の剣道仲間に、剣道即生活的な、考えを否定された。 そこで熊は、何故自分が剣道を学ぼうとするか、真剣に考えたことが有った。 考えて、理屈は何とでもつけられるし、また実際、それらを謳い文句にしている…

後の先=先

剣道で良く使われる。先と言う言葉。 先先の先、先、後の先等といわれます。 先先の先は自分からの仕掛け業。 先は対の先ともいい、出小手や抜き胴など相手の動きに対しての反射的行動。 後の先は返し技、応じ技などを言います。 こ…

動物的感覚?

今は文明が発達しすぎて、何でも証明されるものでなければ、人々は信じなくなった。 だが一昔前は、迷信とか、縁起被とか根拠のないものは別にしてでも、念力とか、殺気などは感じたらしい。 ねずみが、火事の出る家から姿を消すとは昔…

不思議な体験

剣道は戦いの技術の習得である。其れを通じての人間修行を目的としている事は間違いのない所だと思います。 先日の稽古の折、今までと一寸違う体験を心の中に感じていました。 今までなら、気迫十分に攻めて、先を取り自ら戦いに挑むそ…

剣道を学ぼうと思えば

先ず、一番大事なことは、自分がどんな剣道を目指すか。 そのコンセプトを確り見据えて稽古に励む事が、一番大事だと感じます。 昨今、試合が剣道そのものであるように受け取られがちですが、試合はあくまで剣道奨励の手段にすぎません…

剣道の理合い。

剣道の理合い。 其れは何かといえば、合理的な理論に裏づけされた動作と考えれば良いわけで、難しく考える必要はありません。 ですから、剣道の動きは全て(科学的)サイエンスに照らし合わせて合理的に見ていけば良いわけです。 サイ…

強い人は何処が違うのか

剣道は他の運動競技と異なり、高齢に成っても若い人たちに負けないくらいに、戦う事が出来ます。 剣道は幾つになっても進化上達はできますが、いかんせん年齢と共に筋力は衰えます。 その筋力の衰えを、何でカバーするか、間合いの見切…