Canada Youshinkan Kendo Dojo

剣道考察日記

榊原範士の記述

昔、榊原正範士が剣禅一致を説く、小川忠太郎範士に柳生の講習会の折、質問をされた。 今からの稽古、どんな風に気をつけたら良いでしょうか? 出きるだけ、ハッとしない稽古を心がけなさい。 ハッとするのは心の居つきです。心が泊ま…

剣道の学ぶべき事

昔、小川忠太郎先生は剣禅一致を説いておられた。 禅も、剣道も三昧の境地、なりきること。を説いておられた。 とつとつと、話される、話が結構難しいので中々理解しがたい話が多い。おまけに禅問答的な答えしか返ってこないので、尚更…

理解力

剣道は、もう既に450年も前から語りつくされた教本がある。五輪書、兵法家伝書、不動智神妙録、等など、其れを、如何理解して、如何自分の稽古に生かすか、それに尽きると思う。 またその時代時代の剣客たちが書き残した資料も少なく…

崩させない稽古。

早いもので既に10月に入りました。気候も一番稽古のしやすい頃、皆様には一段とお稽古に熱が入っていることでしょう。 さて、最近子供の掛かり稽古法で感じた事を書きます。これが絶対と言うわけではありません。ですが、取り入れてみ…

感覚の差?それとも間隔の差?

剣道における間合いは、これと言う方程式が在るわけではない。 全てその修行人のレベルの段階でしか判断できないのが間合いである。 見た目、距離的に近い間合いでも、お互いに全く隙が無い場合は、膠着状態に陥らざるをえない。 (ま…

進化の過程を楽しめ

人間は進化する。剣道もまた修行を辿れば進化する。 その進化の過程は100人十色。色んな形の進化があるはずだ。 他人様の進化の過程がどのようなものであるか、解らないので自分の過去を振り返ってみると、はっきりとした形が見えて…

脱力は意識改革で

剣道の上達過程でどうしても身につけなければならないのが、脱力です。 脱力とは、何時如何なる状況にでも自然に対処できる動作が出きると言うことです。 ですが意外とこれが難しく、剣道家一生の修練と言っても過言ではありません。 …

意識する事の大切さ

人は、無くて七癖、と言われる如く、剣道でも打ち方に癖がある。それが良い癖であれば良いのだが、往々にして、悪弊のほうが多い。 そこで、自分が強く成りたいと思えば当然、悪弊を矯正する必要が出てくる。それが修行だと言ってでも過…

剣道形から得るもの

剣道形・・・・・   最近、剣道形のことを考えて稽古をしている。 昔、武専出の先生が県警の師範をしていて、その方が言ったのだが・・・ 剣道の理合いに、「相手の剣先を揺らす」と言うのがあると聞いた。 其れは、 小手と見せて…