Canada Youshinkan Kendo Dojo

剣道考察日記

木鶏

木鶏と言う教えが有る。 喧嘩をさせる為の鳥=軍鶏。 他の鳥の鳴き声を聞いただけで、反応してしまう内は使い物に成らない。 どんな鳥が鳴こうとも、木で彫った置物の鳥の如く、反応しなくなって初めて初めて使い物になる。 まあ、簡…

茶巾絞り

良く剣道の竹刀の持ち方は、茶金絞りの様に持て、と言う教えが、いつの間にか誤解が生まれて、打つ時は絞れと言う事に成ってしまったようだ。 この教えにまた尾ひれがついて、はなはだしいのは雑巾を絞る様にと誤解されて居る。 勿論、…

攻めと溜めの分岐点

熊の剣友が某八段から、まだ早打ちする傾向を指摘されたらしい。 現在の、審査ではどうかは知らないが、昔は京都大会でも1本も打ちを出さずに立ち合いを終える事も見かけた。 これには賛否両論が有り。意見が分かれていたが、熊が考え…

何が違うか

一概には言えない。高段者と中級レベルの違いは何処にあるかだが・・・・・ 言える事は、危険度センサーの精密度の性能に差が有る。 当然、高段者は、精密度が高い。=間合いでの状況把握が正確に働く。 それが有るから、間合いに関し…

教えの捉え方、

古の教えに、曰く、皆さんご存知の・・・ 「我敵を、ただ打つと思うな、身を守れ、自ずと漏れる、賤ヶ家の月」 と言うのが有りますよね。 まあ、言わば、懸待の一致とも取れる、教えですが・・・ まあ、、語弊を恐れずに書けば・・ …

攻めの本質は・・・?

剣道では、相手を使うと言う言い方をします。 詰まり自分に主導権がある事を言います。 古い教えには「相手を引き回す」と言う表現も使われています。 さて、「攻め」についての考察ですが、 究極の攻めとは何ぞや・・・ 要するに相…

邪心

邪心。剣道での邪心は打たれずに打ちたい。それが全てを狂わせる。 この我欲とても言うべき心は、自分を目クラにする。焦りとはこの事なり。 冷静なる判断を下せる自分が居なくなる事だ。 試合稽古、此れを遣ると、殆どの生徒が、狂い…

一つ狂うと、全てが狂う

打ちたいと思うと、右手に力がはいる。 打たれたくないと思うと、手元が崩れる。 攻めると言う事は動じないことに繋がる。 おどおど、動じるようでは攻めは効かない。 これは全て、腹の力が抜けるからだ。 腹の力がぬけるから、呼吸…

1 / 1712345...10...最後 »