Canada Youshinkan Kendo Dojo

教えの捉え方、

古の教えに、曰く、皆さんご存知の・・・ 「我敵を、ただ打つと思うな、身を守れ、自ずと漏れる、賤ヶ家の月」 と言うのが有りますよね。 まあ、言わば、懸待の一致とも取れる、教えですが・・・ まあ、、語弊を恐れずに書けば・・ …

新たな金字塔

2013年8月31日、カナダのトロントで行われました第一回全カナダ居合道大会で、養心館メンバーのクリちゃんが、5段、6段の高段者の部で五段ながら、並み居る強豪を相手に、第一回のカナダ選手権者に輝きました。

全米居合道審査。

6月29.30と、全米剣道連盟の要請で、居合道審査の審査員として、招聘を受けた。 日本から二人の居合道八段範士もお見えになり、審査員の末席を汚させて頂いた。 総じて、正直に書けば、受審段位に照らし合わせれば、受審者のレベ…

攻めの本質は・・・?

剣道では、相手を使うと言う言い方をします。 詰まり自分に主導権がある事を言います。 古い教えには「相手を引き回す」と言う表現も使われています。 さて、「攻め」についての考察ですが、 究極の攻めとは何ぞや・・・ 要するに相…

邪心

邪心。剣道での邪心は打たれずに打ちたい。それが全てを狂わせる。 この我欲とても言うべき心は、自分を目クラにする。焦りとはこの事なり。 冷静なる判断を下せる自分が居なくなる事だ。 試合稽古、此れを遣ると、殆どの生徒が、狂い…

一つ狂うと、全てが狂う

打ちたいと思うと、右手に力がはいる。 打たれたくないと思うと、手元が崩れる。 攻めると言う事は動じないことに繋がる。 おどおど、動じるようでは攻めは効かない。 これは全て、腹の力が抜けるからだ。 腹の力がぬけるから、呼吸…

縁は異なもの味なもの??

今、熊の手元に二人の若者が日本から来ている。 将来、カナダに住むことを前提に、剣道修業をして居る。 一人は、高校卒で三段できて、もう直ぐ二年になろうとしている。 彼は移民権が取れた。稽古も非常に熱心に取り組んでくれている…

ある想い出。

今は亡くなられた、大阪の西善延九段範士。 初めてお稽古頂いたのは26~7の頃。 それから、8段受験の50~52歳までの25~6年ご指導頂いたが、いまだかって、打てた記憶が無い。 強いとは、此の事かというイメージがその頃か…