Canada Youshinkan Kendo Dojo

熊のつぶやき

命日

時間の経つのは本当に早いですね。羽賀の親父が無くなって早一年が過ぎました。 生きている時は何時でも聞けると甘えた感覚がありましたが、イザ居なくなると、養心館を預かった以上全ての責任が着いて回ります。 その分自分でも真剣に…

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 実は2010年暮れに開業できると計画していた新規事業が、2011年、新春早々にずれこんで、未だ開業にこぎつけていません。 カナダのお国柄と言うのも在るのでしょうが、何しろ物事が動くのが遅…

審査で感じたこと

2010年12月4日にカナダ西部の剣道昇段審査会が開かれて、審査員の一人として参加させていただいたが、今回、採点が少し厳しいものになった。 勿論、自分の一票だけ厳しくても、他の審査員が入れれば合格するわけで、それは其れで…

剣道は生き残る為に学ぶのだ

熊が20代後半の頃、堀口清範士と、田舎の観光のお手伝いをさせて頂いたことがある。その車中、範士が言われるには、「剣道は無理をしない事ですよ」と言われた、恐らく若い頃命がけのお稽古を詰まれて来た筈の範士のお言葉とは思えず、…

如何に指導者が大事か

今回、16日間、日本訪問で、9日間稽古をさせていただいた。その中で、稽古頂いた方々に感謝の念を持ちながらあえて感じたことを書けば、お稽古に対する、取り組み方の意識が低いのではと感じさせられる方々が居た。 剣道は、確かに、…

秋の計画

バンクーバーは雨の季節に入った。だが今日は、久々に青空が顔を出し、清清しい気分だ。 自分の事務所の窓から見える広葉樹は既に黄色く色づき、青空にくっきりと映えて輝いて見える。 今月の13日で一応65歳の誕生日を迎えて、一応…

某、剣道人の人柄に感銘

養心館の読者で、北海道の江別市にお住まいの方からメールが届いた。 今回の審査で、見事6段に合格をされたとのご報告。養心館のHPで勉強してきたのだと言う。 以前、数年前に、一度質問をされてきたので、丁重にお答えしておいた。…

剣道を人生に活かす

人様は、熊のことをアホと言うかも知れないが、自分の人生、25を過ぎたあたりから、剣道一色で人生を送ってきた。 全てを剣道にかけてきたと言っても過言ではない。そのために、仕事も三度変えた。時間も金もつぎ込んできた。 そのお…

剣道の副産物

剣道を遣るようになり、榊原正先生に本を読めと叱られて、本を読み出した。最初は剣道日本や、時代の雑誌が殆どだったが、他の剣道書も読むようになり、又参考になると思われる書物も読み出した。 その背景には、羽賀の親父が読書の虫で…

3 / 1512345...10...最後 »