Canada Youshinkan Kendo Dojo

虚実の攻め

剣道において、虚実の攻めとはよく言われることだ。 大先生方は、「実を攻めて、虚を打つ」と言われる。此れが難解。 そこで、実は充実していて、隙の無い所。虚は不十分で油断、隙のある所、と簡単に解釈しておけば間違いが無い。 だ…

走馬灯

此処で、こうして剣道に関して書いているが、自分の書いたものを読み返して、今までどれだけたくさんの方々から教えを頂いてきたことか、驚いている。 長年、といっても高々50年位の剣道修行だが、言葉では言い尽くせない感謝の念でい…

中心を攻めるも色々

剣道の中で攻める方法は色々有るが、ヤハリ、何と言っても中心から攻めるのが常道。 其の中心からの、攻めも色々有るのだが、簡単に書けばこんな風になると思う。 中心を攻めるにも、相手の、鍔元を少し下から攻める。小手を警戒させる…

トロント日記

12月6日から三泊四日でトロントに、居合道の講習会と昇段審査を兼ねて行って来ました。ついでに指導者の会議もあり、毎日が忙しく過ぎていきましたが、外気温がマイナス10度、粉雪が吹雪いていました。 講習会は三段以上六段受験者…

何が幸いするやら

最近、左足を痛めて難渋している。原因が解らないのも有るのだが、今まで出たことが無い痛みで、今年の春先から繰り返し繰り返し出てくる。 其の痛みが最近は引かないで痛いまま、其の痛みが強くなったり弱くなったりで、慢性的に痛みが…

二人の5段

昨日、11月29日にカナダ西部地区の剣道昇段審査が行われた。養心館は五段に二人挑戦した。男性26歳一人、女性?一人。 事実、道場で自分が稽古を受けていて、まだ少し早いかな、という感想を持っていた。其れは本人たちも知ってい…

刀、道具

若い頃、真剣に居合を抜いていた。今考えればアホとしか言いようの無い事まで粋がってやっていた。二尺七寸五分の古刀の大太刀を抜いていたこともある。 其れは教えを頂いた、正岡一貫九段範士が、小さい体にも拘らず、若い頃二尺七寸の…

嵐の後

昨夜は、風が吹き荒れた。雨の量が少なく、大荒れになるとの予報を幾分裏切った形になったが、被害が無かったのだから其れは良し。 日本でも台風一過、と言う言葉がある如く、今日は良い天に成った。快晴とは行かないが雲間に見える青空…

欲から離れる

剣道は何のために学ぶのか、昔から、無心、無念無想の境地、等と言われている。それを学ぶために、習得する為に学んでいるといっても過言ではないのではなかろうか。 体の健康、運動面、精神衛生的な目的だけなら他のスポーツがある。自…

20 / 37« 先頭...10...1819202122...30...最後 »